お知らせ ⇒ 管理人Twitterはこちら

過去の大型指標翌日(FOMC・CPI・雇用統計)の値動き

大型指標の翌日は荒れやすいとよく聞きますので検証しました。指標当日の様子はこちら(FOMCCPI雇用統計
傾向を見ていると指標翌日が荒れるのはゴトー日だった場合のようにも見えます。ただあくまでも過去の傾向なので今後はわかりませんが。

日付(FOMC翌日翌日の相場FOMC当日他要素
2024/05/02(木)
510pipsの続落320pips
2024/03/20(木)560pipsの幅630pips
2023/12/14(木)大きな動きなし600pips小売売上高
2023/11/02(木)大きな動きなし240pips
2023/09/21(木)大きな動きなし(ただし前日のFOMCからは330pips引きずられている)180pips
2023/07/27(木)GDPとコアPCEで370pipsの急落130pipsGDP、コアPCE
2023/06/15(木)小売売上高で350pipsの急騰130pips15日ゴトー日、小売売上高
2023/05/04(木)270pipsのジリ下げ480pips日本祝日
2023/03/23(木)大きな動きなし320pips
2023/02/02(木)大きな動きなし340pips
2022/12/15(木)350pipsのジリ下げ190pips15日ゴトー日
2022/11/03(木)230pipsのジリ下げ170pips
日付(CPI翌日翌日の相場CPI当日他要素
2024/05/16(木)大きな動きなし270pips
2024/04/11(木)深夜に440pipsの続騰310pipsPPI
2024/03/13(水)大きな動きなし300pips
2024/02/14(水)大きな動きなし420pips
2024/01/13(金)PPIでそこそこのボラ200pipsPPI
2023/12/13(水)FOMCで600pipsの急騰130pipsFOMC
2023/11/15(水)200pips300pips15日ゴトー日、小売売上高、PPI、NY連銀
2023/10/13(金)1日で570pipsの急騰。界隈のゴールドEA全滅。90pipsイスラエル情勢の悪化、15日ゴトー日
2023/09/14(木)レンジで大きな動きなし60pips小売売上高
2023/08/11(金)レンジで大きな動きなし180pipsPPI、日本祝日
2023/07/13(木)レンジで大きな動きなし240pipsPPI
2023/06/14(水)指標で動いたものの大きな動きなし(FOMC待ち?)210pipsPPI、FOMC
2023/05/11(木)PPI後に300pipsと大きな動き230pipsPPI
2023/04/13(木)大きな動きなし220pips
2023/03/15(水)急落から400pipsの急騰(指標除く)120pips15日ゴトー日
2023/02/15(水)280pipsのジリ下げ&反発なし210pips15日ゴトー日
2023/01/13(金)280pipsのジリ上げ(途中若干の押し目あり)220pips15日ゴトー日
2022/12/14(水)大きな動きなし380pips同日にFOMC
日付(雇用統計翌日翌日の相場雇用統計当日他要素
2024/04/08(月)午前中大荒れ。500pipsの急騰400pips
2024/02/05(月)ボラはあるものの大きなトレンドなし280pips
2023/12/11(月)320pipsの続落340pipsミシガン
2023/10/09(月)前日の日曜日にハマスがイスラエルに攻撃し240pipsの窓開けで開始250pipsイスラエル情勢の悪化、日本&NY休日
2023/09/04(月)大きな動きなし190pips
2023/08/07(月)大きな動きなし220pips
2023/07/10(月)120pipsの急落・急騰あり150pipsゴトー日
2023/06/05(月)指標時に240pipsの急騰320pipsISM非製造業景況指数・サービスPMI
2023/05/08(月)大きな動きなし390pips
2023/04/10(月)170pips雇用統計当日はグッドフライデーによるゴールド取引停止日のため動きなし
2023/03/13(月)大きな動きなし350pips
2023/02/06(月)大きな動きなし380pips
2023/01/09(月)大きな動きなし180pips
2022/12/05(月)280pipsのジリ下げ。指標に助けられなければ450pipsの下げ230pipsゴトー日

・今後も同じ動きをするとは限りません。
・振り子型はリバった指標、一方向型はそのまま戻しがなかった指標という意味です。
・pips幅は目検です。私の判断で指標後の複数時間足を含んでいることもあります。
・一見、押し目があってもその前に積んでいるポジション数によっては利確できていないEAもあり得ます。
・チャートや使われているEAの特徴など総合的に参考にしてください。

FOMC翌日

2024/05/02(木)

2024/03/20(木)

2023/12/14(木)

2023/11/02(木)

2023/09/21(木)

2023/07/27(木)

2023/06/15(木)

2023/05/04(木)

2023/03/23(木)

2023/02/02(木)

2022/12/15(木)

2022/11/03(木)

CPI翌日

2024/05/16(木)

2024/04/11(木)

2024/03/13(水)

2024/02/14(水)

2024/01/13(金)

2023/12/13(水)

2023/11/15(水)

2023/10/13(金)

2023/09/14(木)

2023/08/11(金)

2023/07/13(木)

2023/06/14(水)

2023/04/13(木)

2023/03/15(水)

2023/02/15(水)

2023/01/13(金)

2022/12/14(水)

雇用統計翌日

2024/04/08(月)

2024/02/05(月)

2023/12/11(月)

2023/10/09(月)

2023/09/04(月)

2023/08/07(月)

2023/07/10(月)

2023/06/05(月)

2023/05/08(月)

2023/04/10(月)

2023/03/13(月)

2023/02/06(月)

2023/01/09(月)

2022/12/05(月)

指標も完全放置でロスカなし!
放置型EA3つを比較 ⇒ こちら
指標も完全放置でロスカなし!
放置型EA3つを比較 ⇒ こちら